6月27日 保護司会との懇談会(産業振興センター)

毎年7月に行われる「社会を明るくする運動」実施を前に、保護司会との懇談会が行われました。 保護司会鈴木会長はじめ各校区の保護司の方にご参加いただき、地域の実情や貴重な実体験を伺うことができました。保護司の方からは、「子供の外泊」は特に気を付けてみるようにと、夏休みを目前に控えたこの時期ならではのアドバイスいただきました。中学生の子供をもつ親という視点から、水際で気づくことがいかに大切かということを感じました。

6月24日 中P連校外委員研修会(なかのZERO学習室)

日本ガーディアン・エンジェルスの皆さんを講師にお迎えし、実際に役立つ具体的なパトロール方法を学びました。参加者全員がチームに振り分けられ、ワークショップ形式で行われた講座は、楽しい雰囲気の中にもほどよい緊張感がありました。「無理にやらないこと」という講師の言葉にボランティア活動の真髄を見た気がしました。

6月21日 臨時会長会(桃園区民活動センター)

いよいよ大詰めになった要望書の最終チェックが行われました。事業委員、また各テーマ担当会長が寝食を削り作り上げ、微調整を繰り返し、最後まで妥協を許さない、魂の込められた要望書も完成間近となりました。

6月20日 校長会との懇談会(北中野中学校)

限られた時間の中で、主に教育環境・施設改善要望書素案をテーマに意見交換を行い、各校校長先生から貴重なご意見を頂戴しました。その後場所を移しての懇親会では、校長先生と会長の息の合った学校紹介が披露され、各校のPTAが非常に良い関係性を築いていることが伺えました。自校だけではなく他校の校長先生ともお話ができ、非常に有意義な時間を過ごすことができました。

6月17日 中P連役員・委員研修会(なかのZERO西館)

中P連研修委員会による、書記(総務・庶務)、会計、文化(教養)、学代(学年)の研修会が行われました。まず全体会として「PTAになっちゃった」というテーマで、今年度の新会長から代表3名が自身の体験などを語りました。その後は分科会ごとに様々なテーマで11校の役員・委員さんが情報交換を行いました。多くの参加者の方から、「他校の活動を知る貴重な機会だった」との声をいただき、次年度以降も有意義な研修会になるよう中P連として検討していきたいと思います。

6月7日 定例会長会(桃園区民活動センター)

新年度メンバーによる初めての会長会となりました。佐藤連合会長からは、所信表明として「衆知を集めてプラス1」「不変、変化、その先へ」と今後の中P連にかける想いが発信されました。校長会からは、佐藤校長先生(第四中学校)、増田校長先生(第五中学校)にご挨拶いただきました。総会・懇親会の振り返り、また今後の予定などを確認した後、「要望書」について検討を行いました。校長先生方もこの要望書検討時間まで参加していただき、貴重なご意見を伺うこともできました。

5月20日、27日、6月3日 各校運動会・体育祭

どの日もお天気に恵まれ、各校の運動会・体育祭が予定通り開催されました。各校様々な競技に生徒たちは真剣に取り組んでいました。PTA競技が盛り込まれている学校もあり、保護者、来賓、地域の方とふれ合える貴重な機会でもありました。

平成29年5月15日、24日 学校訪問

事業委員主催で中P連の大きな取り組みの一つである、学校訪問が行われました。教育委員会事務局の方にも同行いただき、北部、南部を二日間に分けて11校の中学校全校を訪問し、各校の施設改善要望や課題を共有する重要な活動です。同時に各校の生徒たちの普段の様子をうかがうことができましたが、学習態度も落ち着いており、大変よい状況で新年度がスタートしている様子が見えました。各校では校長先生、副校長先生、またPTA役員の皆様にもご協力いただき無事全校の訪問を終えることができました。

平成29年5月14日 広報委員研修会開催(なかのZERO西館)

各校広報委員の皆さんに参加していただき、今年度第1回目の広報研修会が行われました。講師には元公立中学校校長であり元全国新聞教育研究協議会会長 岡野実先生をお招きし、有意義で実践的な講演をしていただきました。参加した委員の方からは「分かりやすく、参考になった、広報誌づくりに活かしたい」との声が聞かれました。

H29年度連合会長挨拶

平成29年度 中野区立中学校 PTA 連合会の会長を務めさせて頂く事となりました佐藤宇一 と申します。 御来賓の皆様、ご列席の皆様には日ごろより中野区立中学校PTA 連合会の活動に対しまして、深いご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。 いままで中野区立中学校PTA連合会は、行政、学校、地域、OBたくさんの方々から支えられ活動を行ってまいりました。そのことにまず、この場をお借りしてお礼申し上げます。 中野区立中学校PTA連合会は、区立中学校PTA相互の親睦を図り、連携して区立中学校振興のため協力をすることを目的とし、各校PTA会長を中心に組織され、教育環境の改善・充実等と子どもたちの健やかな成長を願いつつ、様々な活動を展開してまいりました。 ここで少し社会の状況を見てみますと、情報の高度化、多量化、少子化など、今、社会が大きく急速に変化しています。 また、各地では、子どもの安心安全が脅かされるような事件・事故が発生している社会状況もあります。 子どもの成長の基盤となるべき家庭や人と人の結びつきの強かった地域社会の教育力も低下しているなど、子どもを取り巻く環境も大きく変化しています。 更にPTAの現状 についてみてみますと、女性の社会進出が進むに伴い、PTA 活動の負担という問題も生じ、 PTA によっては活動の展開や充実が困難になってきている現状もみられます。そのような中、今後PTAに求められる役割は、子どもたちの安全や、健やかな成長を支えるために、学校と家庭、地域社会との連携がますます必要となると考えます。その学校と家庭、地域社会との懸け橋となるものはPTAだと思います。 地域社会全体で未来を担う子どもたちの成長を支える仕組みの一つとして、 PTA の果たす役割は重要かつ必要なもの考えます。最近では PTA の役割も、「コミュニティー・スクール」のように、地域と一体となって学校経営や運営にもかかわるなど多岐にわたるものへと変革が求められており、PTA 活動への期待はますます高いものとなってきていると感じています。 最後に今年度の抱負について述べたいと思います。今年度は「不変と変化」をキーワードとしたいと思います。 中野区立中学校PTA連合会は、創設以来脈々と「子どもたちのために」という理念を変わることなく、共有し、継承してきました。その理念はけっして変わることなく、変えてはいけないものです。そのために、私たちは基本方針とスローガンを基に、英知を結集し、また皆さまの協力を仰ぎながら、中野区の子どもたちの健やかな成長を支える PTA 活動を推進していきます。 一方で今日求められている、よりよいPTA活動の在り方を追求しながら柔軟な変化、その先の進化を見据えた活動してまいりたいと思います。 最後になりますが、ご来賓の皆様、ご列席の皆さま方のご理解とご協力を重ねてお願いいたしまして、29年度会長就任のご挨拶とさせて頂きます。

Categories

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.