令和元年11月9日(土) 小中PTA連合会合同研修会(桃園区民活動センター)

今年の小中PTA連合会合同研修会は、11月の定例会長会終了後に引き続き開催されました。

小・中の各校PTA会長が4つのグループに分かれ、小中のPTA活動連携への取組みなどについて活発なディスカッションが行われました。研修会の最後には、話し合った成果を各グループが発表し終了となりました。

このような研修会を通じて、小中PTA活動の連携をより深めていきたいと思います。

令和元年11月9日(土) 定例会長会(桃園区民活動センター)

今回の会長会も犬塚連合会長の挨拶からスタートしました。その後、事業委員会、研修委員会、広報委員会からの活動報告に続き、校長会からご参加頂いた池田校長先生(南中野中)より、先日開催された南中野中学校の周年記念行事など、各校の近況についてご報告いただきました。

また今回の会長会では早くも来年度に向けた検討が始まり、各委員会の引継ぎ方法や来年度の総会開催時期、スポーツ大会の運営方針等について議論しました。来年度の活動をさらに意義深いものするためにも、今年度の反省点をしっかりと来年度に引継げるよう、今から準備を進めていきたいと思います。

令和元年11月2日(土) 南中野中学校 10周年記念式典・祝賀会(南中野中学校体育館)

南中野中学校は「中野区小中学校再編計画」に基づき、第一中学校と中野富士見中学校が統合し、平成21年4月に開校しました。

午前中の記念式典は、池田校長先生の式辞や酒井区長はじめ来賓の方々による祝辞など、開場全体がとても厳粛な雰囲気に包まれました。そうしたなか披露された「大地讃頌」の全員生徒による合唱には、大きな拍手が送られました。この曲は、南中野中学校校歌の作曲者である、佐藤眞さんの代表曲でもあります。

午後からの祝賀会は、一転して終始和やかな雰囲気となりました。特に圧巻だったのはこの日のために練習を重ねてきた、教員と保護者によるバンド演奏です。その素敵な演奏と見事な歌声に、会場のボルテージは最高潮を迎えました。周年行事実行委員会、PTA、 そして地域の方々が一体となって開催された、とても素晴らしい祝賀会でした。

南中野中学校の末永いご発展を祈念いたします。

令和元年10月25日(金) 教員委員との懇談会(中野区産業振興センター)

中野区教育委員から、入野教育長はじめ、渡邊委員、田中委員、小林委員、伊藤委員の5名の方々にご参加頂き、今年も懇談会を開催することができました。

懇談会では、今年度の主な中P連活動についてご説明した後、委員の方々からご意見を頂きました。特に7月に実施した合同進路相談会に関して、たいへん素晴らしい取り組みだとご評価いただきました。また、先般開催した全体研修会(心もバリアフリーに!~共生社会を目指して~)についてなど、沢山のご意見を伺うことができました。見識の高い委員の方々との意見交換を通じ、多くの新たな気付きを得ることができました。 短い時間ではありましたが、大変有意義な会となりました。

令和元年10月19日(土) 定例会長会(桃園区民活動センター)

冒頭の犬塚連合会長の挨拶に続き、校長会からご出席頂いた弓田校長先生(中野中)より各校の近況などについてご報告頂きました。

各委員会からはバレーボール大会・卓球大会に向けた準備状況(事業委員会)や全体研修会の振返り(研修委員会)、広報誌作成状況(広報委員会)などについて報告がありました。
また今回は、翌週に迫った「教育委員との懇談会」について、当日の流れなどを確認しました。

令和元年10月19日(土) 中野区立小中学校特別支援学級連合運動会(中野体育館)

今年で57回目となる「中野区立小中学校特別支援学級連合運動会」が中野体育館で開催されました。

生徒たちは堂々としていて、とても素晴らしかったです。この日のために励んできた練習の成果が十分に発揮できたのではないでしょうか。児童・生徒たちの一生懸命な姿に観客席から大きな声援が送られていました。参加した皆さんにとっては、とても充実した一日だったと思います。お疲れ様でした。

令和元年10月5日(土) 全体研修会(なかのZEROホール 西館)

講師に丹明彦先生(目白大学大学院心理学研究科・同大学人間科学部心理カウンセリング学科准教授、公認心理師、臨床心理士)と宮澤百合子先生(東京都手をつなぐ親の会中野支部中野区愛育会会長、東京都立中野特別支援学校元PTA会長(H25、26)、東京都知的障害特別支援学校PTA連合会元会長(H26))のお二人をお招きし「心もバリアフリーに!~共生社会を目指して~」をテーマにご講演頂きました。

障がいの有無に関わらず、お互いに人格と個性を尊重し支え合う「共生社会」の実現のためには、障がいに対する正しい理解を深めることが大切です。このような想いのもと一昨年、昨年に続き「心もバリアフリーに!」シリーズ第3弾として、今年度も同じテーマで開催しました。

講演では、発達障害をはじめとした障害のある方々への長年にわたる支援や研究を通して得た貴重なエピソードや障がいを持つ子どもの親としての想いをお話し頂きました。会場の席がほぼ一杯となるなど、本テーマへの関心の高さが伺えました。今回の講演が「共生社会」への一助となれば幸いです。

令和元年9月20日(金)・10月1日(火) 学校訪問

今年も中野区立中学校全10校を二日間(北部:9/20 南部:10/1)にわたり訪問しました。

各校では、7月に行政に提出した「教育環境および施設・設備の改善要望書」で要望した箇所を確認したほか、校長先生や副校長先生からは、その他の施設・設備の状況等についても丁寧にご説明頂きました。今回の学校訪問では、普段中々見ることのできない各校の様子を垣間見ることができ、大変貴重な経験となりました。

お忙しい中ご協力頂きました各校の校長先生・副校長先生には、改めて感謝申し上げます。

令和元年9月25日(水) 中野区総合体育大会連合陸上競技会(駒沢競技場)

中野区内の区立、国立、都立、私立の中学校14校の選手が参加して、第51回総体陸上大会が開催されました 。当日は生徒たちを応援するため中P連も競技場に駆け付けました。秋晴れの下、この日に向け懸命に練習に励んできた選手たちは、存分に実力を発揮できたのではないでしょうか。日一日と日が落ちるのが早くなってきた今日この頃ですが、閉会式が始まる頃にはすでに競技場の屋根の影がグラウンドを覆い始めていました 。

今大会の学校対抗の結果は、緑野中学校が男女アベック優勝を果たしました。緑野中学校の皆さん、おめでとうございます。各校の選手の皆さん、声援を送り続けた保護者の皆様方、一日お疲れ様でした。そして会場をパトロールして下さった保護者の皆様方、ご協力ありがとうございました。

令和元年9月21日(土) 定例会長会(スマイル中野)

冒頭の犬塚連合会長の挨拶に続き、校長会より池田校長先生(第七中学校)から各校の近況についてご報告いただきました 。

その後の委員会報告では、各委員会より最近の活動報告と今後の予定等について報告がありました。また7月から続けてきた行政や教育関係の方々との懇談会について改めて振り返りを行い、来年度に向けた改善点等について意見交換しました。その他にも、来週に迫った総体陸上について、当日の集合時間や役割分担等の最終確認を行ったほか、事務局からの事務連絡など今回も盛り沢山な内容となりました。