令和3年1月9日(土) 定例会長会 於 北中野中学校

 新しい1年が幕を開けました。

 今年最初の会長会は、北中野中学校の会議室をお借りして開催いたしました。

 始めに、同校の津村慶校長先生に校内を案内していただきました。

 昭和36年に開校した北中野中学校は、令和3年度に開校60周年の周年行事を予定しています。

 「周年行事実行委員会」では、卒業生や「父母と教師の会」OB・OGの方々が中心となって、記念式典や祝賀会などの準備を着々と進めています。

 北中野中学校の60年の歩みを祝福する素晴らしい周年行事となります様、会長会一同、心よりお祈りいたします。

校内では、エアコンの新設工事や非常階段のペンキ塗り替え工事などが随所で行われていました。

 一方で、体育館入口ドアの取っ手の不具合や階段室の床が滑りやすくなっていたりなど、改修工事を急がなければ危険な箇所も所々見受けられ、津村校長先生と共に中P連としても、区教育委員会に強く要望してゆきたいと思います。

 緊急事態宣言が再び発出され、中野区の中学校では部活動が中止となりました。

そのため、いつもなら元気な声が響き渡るグラウンドや体育館にも子ども達の姿が無く、土曜日の午後とはいえ、とてもさみしく感じました。

一日も早くコロナが終息し、グラウンドや体育館に子ども達の躍動する姿が戻ってくる事を願います。

 校内の視察を終え、会議室に戻り会長会を開催いたしました。

 尚、今回の会長会では緊急事態宣言の再発出を考慮し、7月の校長会から取り入れたZOOMによるリモート参加も併用し、顧問をはじめ3名の方がリモート参加となりました。 今後は、様々な状況でも参加でき、尚且つストレスなく対処出来るよう、更に検証を進めていきたいと思います。

 始めに連合会長の挨拶、続いて津村校長先生から校長会のご挨拶を頂きました。

 津村校長先生は、他区での教務や行政の経験を経て令和2年4月に北中野中学校第17代校長先生として中野区に来られました。

 会長会からは、中野区と他区の行政の取り組み方の違いなどが質問にあがり、津村校長先生の経験からのご感想などを伺いました。また、津村校長先生の専門教科が英語であるなどのお話も伺わせていただきました。各会長からの質問に丁寧かつ気さくにお答えくださりありがとうございました。

 引き続き、委員会報告をいたしました。

 事業委員会からは、1月23日に予定している「卓球・ママバレーキャプテン会議」の出欠状況の報告がありました。これを受けて開催の有無を決定することとなり、現在のコロナ感染者数の急激な増加などを考慮して、今回は中止することといたしました。各校キャプテンには、その旨事業委員会からご連絡いたします。

 広報委員会からは、広報紙ゲラ原稿の進捗状況の報告、研修委員会からは、広報紙作成マニュアルの校正状況の報告がそれぞれありました。

 続いて、連合会長より来年度の委員会再編について、現在3つある委員会を2つにする案と委員会を作らず、全員で行う共通業務と担当を分けて行う業務の2本立てで進める案が提示されました。

 第四中学校と第八中学校の統合に伴い、来年度の会長が9人になることなどを考慮してどちらかの案で再編されることとなります。今回は両案の説明と質問を受け、次回の会長会でどちらかの案に決定する予定です。

 対外関係では、予定されていた各団体等の活動が新型コロナウィルス感染状況の影響からその多くが中止・延期となっております。また、年度末が近いために今年度の対外活動は、ほぼ開催が危ぶまれると思われます。

 続いて各校からは、来年度の各校会長の選任状況の報告がありました。

その後、小P連ブロック会議参加についてと四区PTA協議会の方向性についての報告を連合会長よりいただき、最後に事務局からの連絡を受けて会長会を終えました。

 最後まで会長会にお付き合いくださりました津村校長先生には、心から感謝いたします。ありがとうございました。

 次回は中野中学校にお邪魔いたします。

 

 

令和2年12月12日(土) 定例会長会 於 第五中学校

今回の会長会は、第五中学校の会議室をお借りして開催いたしました。
   会長会の前に、鈴木達彦校長先生・栗原弘貴副校長先生に校内を案内していただきました。
平成29年に創立70周年を迎えた第五中学校ですが、最近ではトイレ・グラウンド・プール等の大規模な改修工事が施され、学校施設としての充実を実感いたしました。
体育館ではバレー部が、ドリームルームでは吹奏楽部がそれぞれ、部活動にいそしんでいる姿を拝見いたしました。

また校内には、壁一面に大きな絵が飾られていたり、先生手作りのラーニングスペースがあったりと、子ども達が楽しく学校生活を送れるよう、様々な工夫がなされていました。
今回の校内の案内では、栗原副校長先生がユーモアも交えて、ご説明をしてくださりました。ありがとうございました。
会長会を開催する前に、今年度初めて中野区の中学校に赴任されました鈴木校長先生と各校会長が互いに自己紹介をいたました。
お時間が無い中にも関わらず、各会長からの質問にも丁寧にお答えくださりました、鈴木校長先生・栗原副校長先生には、感謝いたします。ありがとうございました。
校長先生・副校長先生がご退出されたあと、会長会を開催いたしました。
連合会長からの挨拶のあと、各委員会報告をいたしました。
事業委員会からは、バレー・卓球のキャプテン会議について、広報委員会からは広報誌原稿の提出状況、研修委員会からは来年度の研修確定日について説明がありました。
休憩をはさんで、4区懇談会(練馬区・杉並区・板橋区)の開催についてと小P連との合同研修会について連合会長より説明を受けました。
4区懇談会については、新型コロナ再流行の為、来年に延期となりました。
また、小P連との合同研修会も全小学校・全中学校が集まっての研修会は、密を避けられないので、各ブロックごとに分けて来年度開催する方向で話し合っているとの事です。
引き続き、教育委員の方々との懇談会の協議内容を検討いたしました。
「コロナ禍における教育環境について」をテーマにそれぞれの会長が教育委員の方々にフリートークで質問することといたしました。
教育委員は、教育委員会の定例会で様々な議案について委員会に質問、提言される方々です。教育委員の中には、保護者も含まれなければならないとなっておりますので、行政に私達保護者の声を届けてくださるものと信じております。
是非とも懇談会では、教育委員の方々に私達の思いと考えを共有していただける様、各会長が訴えていきたいと思います。
その後、対外関係・各校・事務局からの報告を受け、本日の会長会を終えました。
お忙しい中、時間を割いて私達にお付き合いしていただきました鈴木校長先生・栗原副校長先生には心より感謝いたします。ありがとうございました。
次回の会長会では、北中野中学校にお邪魔いたします。

令和2年11月14日(土) 定例会長会 於 第七中学校

今回の会長会は、第七中学校にお邪魔して、開催いたしました。
昭和22年、江古田小学校の校舎を間借りして開校した同校は、昭和24年に新青梅街道沿いの現在の位置に新校舎が完成しました。その後、体育館やプールの新設、増築工事等を経て平成29年に開校70周年を迎え、現在に至っています。

会長会開催の前に同校の池田俊一校長先生と関山一樹副校長先生に校内を案内していただきました。
廊下には、生徒達が書いた様々な絵やイラストが飾られ、楽しくのびのびと学校生活を送っている様子が目に浮かび、ほほえましくなりました。

校内の視察を終えた後、会場に戻り会長会を開催いたしました。
引き続き池田校長先生、関山副校長先生にご同席いただき、各校会長からの質問にお答えいただきました。
視察の際、各会長が気になった点についても熱心に耳を傾けていただき、また時折メモを取るなど、校長先生、副校長先生の情熱が私達にも伝わってまいりました。ありがとうございます。
続いて「中野区子どもの権利擁護推進審議会」の設置に当たり、委員の推薦を担当の河田様から依頼されました。
小P連、中P連等の各団体から委員を出してほしいとの要望ですが、中P連では四中と八中の統合により、来年度より会長が1名減る中で他の対外活動もあり、即答は難しいのでもう少し皆で話し合う旨お伝えしました。
その後、各委員会からの報告、執行部からは「4区懇談会」、「小P連との合同研修」についての説明を受けました。
また、連合会長より中野区社会福祉協議会の2020年度顕彰式で北中野中学校の「父母と教師の会」「生徒会」が表彰された旨ご報告いただきました。北中野中学校では、地域の高齢者へのボランティアとして「花鉢プレゼント」や「ふれあい茶話会」等の活動を34年間続けてきました。大変素晴らしいことだと思います。おめでとうございます。
最後に各役職、各委員会の引き継ぎ準備、令和3年度総会日程、スポーツ大会日程などの説明を執行部より受け、事務局からのお知らせの後、会長会を終えました。
本日、学校説明会がありお忙しい中、校内のご案内や会長会との意見交換をこころよくお引き受けくださりました、池田校長先生、関山副校長先生には心より感謝いたします。ありがとうございました。
次回の会長会は、第五中学校にお邪魔させていただきます。

令和2年10月30日(金) 教育委員会事務局との懇談会 於中野区役所

 前回の区長・教育長との懇談会に続き、今回は教育委員会事務局の方々との懇談会を開催いたしました。
ご出席いただきましたのは、戸辺事務局次長、永田子ども・教育政策部長、宮﨑指導室長、所主任指導主事、四宮統括指導主事、板垣学校教育課長、塚本子ども教育施設課長の7名の皆様です。
それぞれに自己紹介をしていただき、会長会からの自己紹介を経て、懇談会を開始いたしました。
今回の懇談会では、中P連から提出いたしました「要望書」への教育委員会のご回答を、私達からの質問とそれに対するお答えという形でお聞きいたしました。
最初に連合副会長より、令和元年度から統一要望とした、「ICTについて」と今年度新たに加えた「新型コロナウィルス対策について」の他、前年度からの継続要望も交えて、要望の趣旨と要望するに至った経緯をご説明いたしました。
続いて、各校PTA会長より、それぞれの学校の要望について教育委員会としての見解をお聞きいたしました。このことについては、各学校ごとに様々な事情がありますので、校長先生も交えて、各校ごとに教育委員会と相談していくことといたしました。
また、「ICT」、「特別支援教育」、「教育現場での人材確保・育成」「学校再編」について、担当した会長より、ご出席いただいた教育委員会事務局の方々にご質問させていただきました。
最後に中P連の相談役・顧問・事務局より、ご挨拶をしていただき、懇談会を終了いたしました。
ご多用の中、お集まりいただいた教育委員会事務局の皆様には、心より感謝いたします。
私達中P連は、中野区教育委員会と「子ども達により良い環境を与えてあげたい。」、「子ども達が誰一人悲しい想いを抱くことなく健やかに育ってもらいたい。」という同じ願いで向き合っていると信じております。これからも中野区の子ども達のためにご尽力いただけます様、お願いいたします。

令和2年10月9日(金) 区長・教育長との懇談会 於中野区役所

 本日は、酒井直人中野区長と入野貴美子教育長にお時間をいただき、懇談会を開催いたしました。
連合副会長の開会の言葉に続き、連合会長より区長・教育長にご挨拶をいたしました。
その後、区長のご挨拶、教育長のご挨拶に続いて、中P連より各校会長、相談役、顧問、事務局の順で自己紹介をし、懇談会に移りました。


最初に改善要望書の概要について、連合会長より説明があり、続いて「統一要望」、「教育環境」について事業委員よりそれぞれ説明をいたしました。
説明を受けて、酒井区長・入野教育長に、中P連の要望についてのご感想とご意見を伺いました。
入野教育長からは、主に教育環境についてのご意見を頂きました。教職員の負担軽減のための人材確保や、教育相談窓口、特別支援教育への取り組みなどについて、教育委員会としてのお考えを伺う事が出来ました。
また、酒井区長からは、「子育て先進区」を目指す中野区としての取り組みについて、ご説明がありました。その中の一つ「子ども・若者支援センター」についてもご説明を頂きました。。
ただ、学校の再編については、来年度の中野区の歳入が減少すると見越し、再編する小中学校の建て替えなどのスケジュールを見直しをしているとの事でした。
このお考えについては、中野区全小中学校に通う子ども達の為にも改めていただき、当初の予定通り計画を進めていただくよう、中P連から強く区長にお願いをいたしました。
「子育て先進区」を目指す中野にとって、子育て世代が「住みたい!」と思う一番の区にすることが必須であると思います。その中でも、要である「学校再編」は、なにを置いても進めていかなければならない事業であると、中P連としてこれからも訴えていきます。
また、「GIGAスクール構想」については、中野区としても積極的に進めていく方針であることを区長よりお伺いいたしました。ハードの拡充はもとより、ICT支援員の派遣、教員にICTを利用した教育を学ぶ機会を設けるなどの環境整備にも取り組んでいただける様、お願いいたします。
その後フリーディスカッションでは、各校会長より区長・教育長へ教育に関する思いや要望をフリートークでさせていただきました。
各校からの要望等につきましては教育委員会事務局幹部との懇談会にて議論をする予定としております。
最後に第二中学校の会長より区長・教育長へのご挨拶と閉会の言葉をいただき、懇談会を終えました。
ご多用の中、私達との懇談会にご出席くださいました、酒井区長、入野教育長には、感謝いたします。ありがとうございました。これからも中野区の子ども達のためにご尽力くださいます様、お願いいたします。

令和2年10月3日(土) 定例会長会 於第八中学校

 今回は、第八中学校のメモリアルルームをお借りして定例会長会を開催いたしまた。 
昭和22年に開校し、平成29年に創立70周年を迎えた第八中学校は来年度、第四中学校と統合し「明和中学校」として生まれ変わります。
現在の第八中学校の校舎は改築され、2023年度に鷺宮小学校と西中野小学校を統合した小学校の新校舎となる予定です。
第八中学校の竹之内校長先生に校内を案内していただき、多くの卒業生たちを送り出してきた同校の歴史を肌で感じ、たくさんの想い出が詰まった数々の記念品を目にする事が出来ました。ありがとうございました。

  

 
その後、メモリアルルームで行われた会長会では、連合会長の挨拶に続いて、竹之内校長先生との意見交換をさせていただきました。
コロナ禍で様々な活動の制限がある中、どの様に学校行事を行っているのか、また、第四中学校との統合に向けたコミュニケーションなどを竹之内校長先生が詳しくお話し下さいました。
引き続き各委員会からの報告、各種懇談会の進行について執行部より説明を頂きました。
また、今後開催する区長・教育長との懇談会に向けて、各会長それぞれの担当など、細かく打ち合わせをいたしました。中野区内全校の切実な要望を区長・教育長に伝えるためにPTAの代表として、各会長がしっかりとお話ししたいと思います。
続いて各校からの報告の中でコロナ禍における各校PTAの取り組みについて情報交換をいたしました。
そのあと、連合会長よりキリンレモンスポーツセンター(新中野体育館)の竣工式参加のご報告がありました。今後、利用する機会もある施設ですので、連合会長の感想は大変参考になります。ありがとうございました。
予定の終了時間より少し遅れましたが、各会長から様々な議論が交わされた意義のある会長会となりました。
お忙しい中、校内を案内してくださり、会長会に於いても各会長からの質問に丁寧にお答えくださった第八中学校の竹之内校長先生、そしてこころよく会場をお貸しくださりました学校関係者の皆様には心からお礼申し上げます。ありがとうございました。
次回の会長会は第七中学校にお邪魔させていただきます。

令和2年9月12日(土) 定例会長会   於南中野中学校

 今回の会長会は、南中野中学の多目的ホールをお借りして開催いたしました。
 

会長会の前に、同校の池田校長先生に校内を案内していただきました。
南中野中学校は、第一中学校と中野富士見中学校の統合により、2009年4月に開校し、昨年十周年を迎えました。
 開校にあたり新校舎は建設せず、旧第一中学校の校舎を使用している為、校長先生はじめ、PTAの皆様の要望で随所改修が施されてきましたが、新たな不具合等も増えているのが
実情です。

                

中P連としても、「一校の問題は中野区立小中学校の問題として」のスローガンに基づき、一丸となって要望を続けてゆきます。
 連合会長の挨拶から会長会が始まり、続いて南中野中学校の池田校長先生にご挨拶を頂きました。
 Googleクラスルームを使った授業では、学校にこれていない生徒も参加してくれた等、ICTの可能性についてお話し下さいました。このことは、これまでお話を伺った各校の校長先生も仰られていたことですので、中P連として中野区内全小中学校への万全なICTの構築を今後も訴えていきたいと思います。

 その後、事業委員長より要望書の提出報告、広報委員、研修委員の活動報告、対外関係の報告の後、会計、事務局からの連絡をいただき、会長会を終えました。
引き続き副会長会がありましたので,各校副会長に会場をお渡ししました。
今回、会長会・副会長会に会場をお貸しくださいました南中野中学校の池田校長先生はじめ、学校関係者の皆様、ありがとうございました。心からお礼申し上げます。
次回は第八中学校にお邪魔させていただきます。

令和2年8月22日(土) 臨時会長会

本日の臨時会長会では、校長会との懇談会、前回の会長会から加筆・修正を重ねてきました「教育環境および施設・設備の改善要望書」の最終取り纏めをいたしました。

誤字・脱字の訂正や文章表現の変更などの細かい修正はありましたが、中P連としての要望を確実にお伝えできる内容になっていると確信しております。

これから各会長に最終確認をしていただき、製本して中野区教育委員会へ提出いたします。

今後の予定として、区長・教育長との懇談会、教育委員会事務局との懇談会がありますが、それぞれの会長がしっかりと自分たちの要望をお伝えするようにと照屋顧問よりアドバイスを頂きました。ありがとうございます。

その後、会計より全校の分担金・PTA保険料の振り込みが確認できたと報告がありました。各校PTAの会計、副会長の皆様にはお忙しい中ありがとうございました。

お預かりいたしましたPTA保険料は、すぐに保険会社に振り込みいたしましたので、ご安心ください。

最後にもう一つの重要課題である、修学旅行中止の代替案について話し合いました。

3年生にとって、3年間の思い出づくりの大事な行事である修学旅行が中止になったことは、保護者として子どもたちに掛けてあげる言葉も見つかりません。

このまま、何の思い出も残せないまま中学校を卒業させることだけは、何としても避けたいと思います。

そのためにも中P連として、子どもたちの思い出づくりのために「何か出来ないか」を校長会と共に考えてゆきます。

令和2年8月1日(土) 定例会長会(第二中学校)

今回の定例会長会は第二中学校にお邪魔させていただきました。
会長会の開催前に同校の松田校長先生の案内で校内の視察をいたしました。
第二中学校は、昭和22年に開校、23年に現在地に新校舎が落成した伝統ある学校ですが、それゆえに雨漏りや壁のクラックなど早急な改修が望まれる不具合が各所に見受けられました。これは、中野区の他の中学校でも改善を要望しておりますことですので、必ず対応していただきたいと思います。


視察を終え、午後2時より定例会長会を開催いたしました。
小鹿原連合会長の挨拶に続き、本日の会場をお貸しくださりました第二中学校の松田校長先生よりご挨拶を頂きました。
その後、中野区教育委員会子ども・教育政策課の永田課長から行政説明をお伺いいたしました。
新型コロナウィルス対策費に区の予算が割かれたため、本年度の学校関連の事業を一部凍結する旨のご報告をされましたが、勿論PTAとして納得できるものではありません。中野区の未来を背負った子どもたちの為、是が非でもすべての事業において予定通り遂行していただくよう働きかけていきます。
続いて、先日の校長会との懇談会を受けて改善要望書の修正等について話し合いました。
前回、ICTについてのご意見が各校長先生から多数出ておりましたので、本日の話し合いもICTについて多くの意見が交わされました。
第二中学校の松田校長先生は、港区・渋谷区等での勤務経験があり、港区・渋谷区での学校のICT導入状況などを交えて貴重なアドバイスをしてくださりました。他区の現状と中野区を比べることで私たちの学校が抱えている問題点が浮き彫りになりました。同時に多くの解決策もご提示くださり、大変参考になりました。
「教育環境について」、「各校要望」などの項目も各担当から説明があり、その後、各種委員会報告、対外関係の報告等と続き、最後に事務局からのお知らせを受け、本日の定例会長会を終えました。
会場のご提供、校内の案内から議題へのご意見、アドバイス等、多岐にわたってご協力くださりました松田校長先生には心から感謝いたします。
ありがとうございました。
本日出ました意見を基に、各担当がもう一度要望書を見直し次回の臨時会長会で要望書の最終案を詰めていきたいと思います。

新しい中野総合体育館がまもなく完成します。

生徒たちの部活の試合やPTA活動のスポーツサークルの大会などでも今後お世話になる場所です。
緑野中学校の能登会長が良くお近くを通られると言うことで、現在の様子を撮影してくださいました。

残念ながら今年度は生徒たちが試合などでお世話になることはなかなか難しい状況ですが、来年度はオリンピックと共に生徒たちの活気ある姿を見られることを願うばかりです。