平成29年10月4日 定例会長会(スマイルなかの)

佐藤連合会長からの「来年度を見据え持続可能性のあるPTAを作っていきたい」という挨拶から開始。 校長会からは、石田校長先生(第二中学校)、江原校長先生(第八中学校)にもおいでいただき、様々なお話を伺うことができました。各委員会報告に加え、次年度以降を見据えた連合会の活動を見直す案が執行部から提案されました。今後会長会全体で具体的に検討していく予定です。

平成29年9月6日 定例会長会(スマイルなかの)

夏休み明けの定例会。佐藤連合会長からは全懇談会終了の総括と、今後秋の繁忙期に向けての体調管理を、と挨拶がありました。校長会からは、田代校長先生(緑野中)、池田校長先生(南中野中)にご参加いただきました。行政からは、文科省から給食費未納の徴収を行政が行うという方針が出されたとの報告がありました。これまでの懇談会の振り返り、今後の行事の確認等、また夏休み中の各校部活動の活躍を喜び合いました。

平成29年8月2日 定例会長会(スマイルなかの)

中P連夏の陣といえる今後続く懇談会のために、改めて内容確認を行いました。また秋の行事や委員会報告等が行われました。校長会からは、池田校長先生(第七中)、矢口校長先生(中野中)にご出席いただき、2日時点では区内中学校では大きな事件事故の報告はないとのお話もいただきました。

平成29年7月5日 定例会長会(スマイルなかの)

冒頭佐藤連合会長より、「要望書作成は終了しましたが、ここからがスタート。実現というゴールに向けて中P連一枚岩として、進めていきましょう。」とお話がありました。校長会からは、弓田校長先生(第十中)、関校長先生(北中野中)よりご挨拶いただきました。教育委員会からは、教育ビジョンまた読書活動推進計画の説明がありました。各懇談会に向けて方向性やテーマを検討しました。

平成29年7月19日 臨時会長会(スマイルなかの)

これまでの行事を振り返り、さらに今後の各懇談会を有意義なものにするために細かな打ち合わせを行いました。また中P連スポーツ大会の日程確認などを行いました。

6月21日 臨時会長会(桃園区民活動センター)

いよいよ大詰めになった要望書の最終チェックが行われました。事業委員、また各テーマ担当会長が寝食を削り作り上げ、微調整を繰り返し、最後まで妥協を許さない、魂の込められた要望書も完成間近となりました。

6月7日 定例会長会(桃園区民活動センター)

新年度メンバーによる初めての会長会となりました。佐藤連合会長からは、所信表明として「衆知を集めてプラス1」「不変、変化、その先へ」と今後の中P連にかける想いが発信されました。校長会からは、佐藤校長先生(第四中学校)、増田校長先生(第五中学校)にご挨拶いただきました。総会・懇親会の振り返り、また今後の予定などを確認した後、「要望書」について検討を行いました。校長先生方もこの要望書検討時間まで参加していただき、貴重なご意見を伺うこともできました。

平成29年4月26日  定例会長会開催(桃園区民活動センター)

新旧会長が参加する2度目の会長会が開催されました。荻野連合会長(平成28年度)の挨拶の後、校長会より石田校長先生(第二中学校)、増田校長先生(第五中学校)にご挨拶いただきました。新執行部からは平成29年度の活動方針案が発表になり、検討を行うなど主に総会に関する議題が多く盛り込まれました。また研修委員会、広報委員会からは各校への依頼も始まり、時間いっぱい緊張感あふれる会長会となりました。

平成29年4月5日 定例会長会開催(スマイル中野)

新年度の会長会を新旧会長含めて行いました。荻野連合会長の挨拶の後、校長会より齊藤校長先生(第三中学校)、池田校長先生(第七中学校)にもご挨拶をいただきました。短い時間の中、新会長の自己紹介に始まり、今年度の人事や総会議案書の検討、事務局からの連絡事項と大変盛りだくさんな内容となりました。

平成29年3月20日 新旧会長引継ぎ研修会

平成29年3月20日、第四中学校にて新旧会長引継ぎ研修会を実施しました。

荻野連合会長の挨拶の後、各校の新旧会長ら自己紹介を行いました。

その後、中P連の活動内容、組織などの具体的に説明、その後、各委員会委員などの担当決めなどほぼ一日をかけて研修を行いました。

総会までは、新旧会長がともに活動し、しっかりとバドンを繋いでいくことになります。

Categories

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.