中P連全体研修会

中P連全体研修会 平成27年11月18日(水)19:00からなかのZERO視聴覚ホールにて平成27年度中P連全体研修会が開かれました。当日は100名近い方にお集まりいただき、盛大に行われました。保護者の皆さんはもとより教育委員会事務局の方や校長先生、養護の先生にもお越しいただきました。今回は中P連として初めて扱うテーマであり大変勉強になりました。まずはNPO法人レジリエンス 西山さつきさんより「子どもたちが加害者・被害者にならないためには~デートDVを知っていますか?~」と題して、講演いただきました。

また、中野区役所保健師・精神保健福祉士 稲吉久乃さんより「あなたはたいせつなそんざい〜川の源流で何ができるか〜」と題して犯罪被害を未然に防ぐ為の様々な活動や被害者相談窓口の業務を通じて、まずは源流である子どもの時から暴力についてを学ばせる事が大事であること、そのために大人が何ができるかについてを講演をしていただきました。

 

NPO法人レジリエンス 西山さつきさん

「子どもたちが加害者・被害者にならないためには~デートDVを知っていますか?~」

デートDVとは

いじめ、虐待、パワハラ…人が人を傷つけるとはどういう事か?その傷はどのように回復されるべきか?DVとは親密な関係で発生する夫婦間、恋人間で起こる暴力のことです。

DVといってもピンと来なかったり、自分には関係ないと思っている方が多いけれど、DVは身近に潜んでいます。その中で特に結婚していない恋人同士で起こるDVをデートDVと呼んでいます。

DVはとても身近な問題

ある調査によるとデートDVにあっているのは、実に5人に1人…思っているより多いと思います。そしてデートDVに被害にあっているのを相談する相手の一番は友だちです。

しかしその友だちの対応が間違っている時があります。そんな時にはしかるべき相談窓口に行く事が大切です。またデートDV防止の啓発活動は恋愛が始まる前に行わなければなりません。早め早めに子どもたちが知っていく事が大切です。

また、内閣府の調査によると夫婦間のDVは3〜4人に1人割合で配偶者からの暴力を経験していると言われています。講演する際にはその中の子どもたちに必ずDVの家庭があると思って話しています。

DVが及ぼす子どもへの影響

親の間のDVに子どもが責任を感じてしまっている子どもがいますが、子どもたちには全く責任はありません。このことをしっかり伝えています。そこに反応する子どもさんも多いです。子どもたちにあなたは全く悪くないことも伝えています。

また、DVの目撃ということは児童虐待にカウントされるようになりました。面前DVといって子どもの目の前で親のDVが起こる事はとってもつらい事です。例えば電車の中なら他の車両に移ることも出来ますが家庭ではそれが出来ません。子どもにとってどれだけしんどい事かと思います…

健全な人間関係はどこで学ぶかというと学校の道徳もありますか、身近な大人の事を見て、聞いて、感じ取っていく事が多いのです。DVの家庭で育った、虐待を受けて育った子どもたちにとって大切な学びは家庭以外での大人との繋がりの中で得られる場合もあります。ある子は学校の先生の言葉であったり、商店街や近所のおじさん、おばさんがかけてくれる暖かい言葉であったり…そういう事が非常に貴重なのです。自分が出来る事は何かな?と一人一人考えてください。

そういう子どもたちは健全な大人たちとの繋がりがあることで、助かっていくのです。社会で子どもを育てていこうという、そういう仕組みを作っていければいいと思っています。また、DV家庭で育った子どもは虐待の発生が高く身体的虐待が7倍、性虐待は4倍〜6倍高い、DVがあれば虐待がある、虐待があればDVがある、両方の可能性を見ていく必要があるのです。

DVとはパワーとコントロール、そして暴力

さて、DVはどのような仕組みになっているかなのですが、権力には差があり支配する側される側があり、支配を強化するために暴力が用いられます。

暴力は容認してはいけません。その意識を社会で高めていく事が必要です。

暴力は遺伝ではないです。連鎖でもないです。ただ学びです。子どもたちに暴力がいけないことを言葉で伝えるだけではなく、暴力を振るわない、いい生き方をしてみせていかなければならないです。

DVの加害者は二面性がある場合が多いのです。周りには良い人そうで見えて実は…ということが多いです。暴力で相手を支配したり、良い人そうに思わせて支配したり、いろんな支配を仕掛けたりしています。支配があるかのチェックリストがレジリエンスのホームページにありますので、もし周りにDVがある場合には区役所やウイメンズプラザ等に相談してください。専門的なケアやサポートが必要です。

暴力の種類

相手を支配するための暴力には体への暴力、性暴力、経済的暴力、精神的暴力、デジタル暴力(インターネット、スマートホンを使った暴力)があります。

特にデジタルには保護者世代と若い人には格差があります。若い人の中に何がおきているかを知っていかなくてはなりません。昔は子どもたちがお付き合いする範囲は周辺の学校程度でしたが、今はネットによって付き合う人の範囲が爆発的に大きくなっています。ゲームの中の掲示板などでやり取りされていたりします。大人の知らないところでやり取りされています。デートDVの一つとしてMixChannel (ミックスチャンネル)のような短い動画をアップするようなサイトにキスの動画をアッップすることによって、自分の彼女なんだ、彼氏なんだと支配する、世に知らしめるためにアップすることがあります。ひいてはリベンジポルノと呼ばれるもの…さまざまなデジタル暴力が相手を支配します。

DVのサイクル

またDVにはサイクルがあります。優しくなったり暴力を振う…その繰り返しです。怒りやストレスが溜まって爆発するのが暴力ですよねと聞かれたりしますが、怒りやストレスを感じない人はいません。何が暴力の原因になるかというと「暴力を振るっていいのだという考え方」…これが暴力の原因になります。

繋がりを作るのが人間です。子どもたちには暴力を振るわなく良い繋がりを持っていく技術を使ってほしい、なぜなら暴力は人間関係を破壊してしまいます。だから暴力はダメなのです。別に恋人同士だけじゃない、暴力じゃない生き方があり、そちらの方が豊かだと若いうちに気づいてほしいのです。

デートDVならば別れてしまえばよいと思うかも知れませんが、別れられないのです…それはなぜかというとトラウマティックボンディングという心理が働くからです。緊張を与えて優しくする、緊張を与えて優しくするそれを繰り返す事によって人はそこから離れられない、何とかうまくやっていかなければならない心理が働くことをいいます。それは愛情そっくりに感じてしまう場合もあります。だから別れられません。

尊重すること

また、尊重することは大事です。尊重がないという事は、自分の考えは良くて人の考えはダメ、尊重があるという事は自分の考えだけでなく人の考えもOK。違っているけど両方いいというのが尊重。自分だけでなく相手も大事、違ってていいのが尊重です。

尊重と暴力は絶対一緒にならない。だから尊重を増やしていけば結果暴力が減っていきます。それでは尊重することをどうやって学ぶかというとそれは感覚でしかありません。その子が尊重された感覚があれば人の事を尊重するのです。自分の人生がどうでもよくなると人の人生もどうでもよくなる…その子たちは人を大切にしなさいと言われても大切にされるということが何だか分からない…その子たちが、大切にされる感覚をどこかで得られたなら、その先が違ったのではないか…そう思えてなりません。

尊重は凄く大事なことなのだと言えます。同じ尊重のない会話でも束縛になると愛情になるのです。ここが根深いのです。尊重のない束縛は、愛情とは違う事を分かって欲しいのです。束縛=愛ではないです。

けれども良い恋愛はして欲しいです。恋愛も二人の中にどっぷり入っているような恋愛じゃなくて、それ以外の部活動や友だちとか勉強とか色々な経験をして、ちょっとした距離感を持つのがよい恋愛なのだという事を伝えていっています。しかしメディアはどっぷりとした恋愛を進めてきます。なぜかというと恋愛をテーマにすると物がよく売れるからです。メディアリテラシーの力を持って現実はちょっと違うと思う力も大事です。

PTSDとPTG

虐待にしてもDVにしても傷つきを経験します。傷つきを経験するとPTSDのいろいろな症状が体や心にでます。傷つき(トラウマ経験)は人を弱くします。それだけではなくPTGの要素があります。PTGのGはgrowth(成長)を表します。トラウマを経験した子は決して弱い子じゃないのです。それを経験したその子たちなりの強さを持っています。その経験を乗り越えると自信になります。PTGを感じられるような支援を世の中に増やしていきたいと思います。

デートDVを防ぐために

パープルリボン運動というのがあります。パープルリボンはDV防止の象徴です。運動期間中(毎年11月12日から11月25日は、女性に対する暴力防止週間)はバッチをつけたりしてPRをしています。また、アメリカではデートDVの防止活動が進んでいて、Circle of 6というアプリがあります。6人の友人を登録しておいて自分に危機があったときに居場所を発信するアプリです。また、若い人を巻き込んでデートDV防止活動をしていく事が大事だと思います。最後にホワイトハウスからのDV防止の動画(1 is 2 Many )をご覧になって頂きたいと思います。出ている人たちがスポーツ選手や若い人がリスペクトしている人たちでそういう方や大統領がメッセージを伝えてゆくのはとても素晴らしいと思います。

DVは社会問題

DVはその人に問題があったりたまたま運がわるくてDV被害にあったという個人的な問題ではなく、社会に元々あった間違った概念(暴力容認、ジェンダー)やいろいろな問題が多発している社会問題なのです。DVは個人的問題ではなく、この問題をなくすには私たち一人一人が意識を変えていく、子どもたちが知識をつけていく事、そうすることによってこの社会問題を変えていく大きなうねりになっていくのでないかと思っています。

 

 

中野区役所保健師・精神保健福祉士 稲吉久乃さん

. . . → Read More: 中P連全体研修会

平成27年12月7日 定例会長会開催

平成27年12月7日 定例会長会開催

平成27年12月7日、スマイルなかのABで定例会長会を開催いたしました。

第五中学校井戸田連合会長の挨拶のあと、中野中学校矢口校長先生にご挨拶をいただきました。

行政より教育委員会事務局学校再編担当の板垣副参事と栗栖様より「区立小中学校の施設整備方法」についてご説明をいただきました。

その後、副校長会との懇談会、バレーボール大会、卓球大会について意見交換をしました。

その他、各委員会報告、対外関連報告、各校からの報告連絡、事務局からの連絡を行いました。

平成27年12月5日 中P連卓球大会開催

平成27年12月5日 中P連卓球大会開催

平成27年12月5日、中野体育館に於いて第28回卓球大会を開催いたしました。

今年はAリーグに全11校、Bリーグに5校9チーム、ひよこリーグに5校6チームが参加して熱戦を繰りひろげました。

A,Bリーグの本格的な試合も見ごたえのある戦いでしたが、ひよこリーグの楽しい試合もあり、おおいに親睦を深めることが出来た一日になりました。

Aリーグは永年王者に君臨していた中野中学校を第七中学校が破り新しい時代を予感させる大会となりました。

【試合結果】

Aリーグ 優勝 第七中学校A 準優勝 中野中学校A 第三位 第五中学校A

Bリーグ 優勝 中野中学校C 準優勝 第五中学校B 第三位 南中野中学校B

ひよこリーグ 優勝 第七中学校A 準優勝 緑野中学校 第三位 第八中学校

平成27年11月28日 中P連バレーボール大会開催

平成27年11月28日 中P連バレーボール大会開催

平成27年11月28日、中野体育館に於いて第51回バレーボール大会を開催いたしました。

今年も11校全校が参加し、両コートとも手に汗握る接戦と笑いの絶えない戦いとなりました。毎年、部員を集めるのに苦労をしている学校が多いなか、全校がそろって参加できたことは会長会としてとても喜ばしいことであり、是非とも来年度も全校そろった大会にしたいと思っております。

【試合結果】

Aコート 優勝 南中野中学校 準優勝 第五中学校 第三位 第三中学校

Bコート 優勝 北中野中学校 準優勝 第七中学校 第三位 中野中学校

 

 

平成27年11月20日 副校長会との懇親会開催

平成27年11月20日 副校長会との懇親会開催

平成27年11月20日に、私たち会長が学校で一番お世話になっている各校副校長先生と懇親会を開催いたしました。他校の校長先生とは色々な場面でお会いしておりますが、なかなか副校長先生とはお会いする機会がないことから平成25年度から開催するようになりました。

全11校の副校長先生が参加していただき、他校の様子や副校長先生のお人柄にふれることができ、私たち会長会にとって有意義な会となりました。

 

平成27年11月9日 定例会長会開催

平成27年11月9日 定例会長会開催

平成27年11月9日(月)スマイルなかの三階AB会議室にて定例会長会を行いました。

連合会会長でもある第五中学校PTA井戸田会長が挨拶後、校長会より第十中学校・弓田校長先生と、緑野中学校・田代校長先生のご挨拶をいただきました。

教育委員会委員会事務局子ども教育経営担当・辻本将紀副参事より「中野区基本構想」についての説明を受け、その後、各委員会より報告、対外関連報告、事務局より事務連絡がありました。

 

 

Categories

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.