投稿者「admin」のアーカイブ

令和元年6月22日(土) 校外委員研修会(なかのZERO)

日本ガーディアンエンジェルスの方を講師にお迎えし、校外委員研修会を開催しました。地域でのお祭りやイベントなどで見回りをする機会が多くなるこの時期に毎年開催しています。 

見回りでの声かけ方法について実際に体を動かしながら教えていただけるなど、講義はとても具体的・実践的な内容でした。講師の方のこれまでの体験に基づくお話も、とても参考になる内容でした。今回の研修で学んだ知識を安全な見回り活動に活用していただければ幸いです。

令和元年6月15日(土) 役員・委員研修会(新井区民活動センター)

各校の学代(学年)、文化(教養)、会計、書記(総務・庶務)の方を対象とした研修会を開催しました。当日は大荒れの天候でしたが、多くの方にご参加いただき、活気溢れる研修会となりました 。

前半は全体会としてパネルディスカッションを開催しました。今年のテーマは「 PTA に参加しやすくするために!」です。昨年度実施したPTA活動・組織のスリム化にかかる具体的な取り組みについて、前中野中学校斎藤会長(現・中P連会計監査)と現第八中学校成嶋会長のお二人にお話頂きました。 

後半は各分科会に分かれ、それぞれのテーマに沿って情報交換を行いました。普段感じている悩みや疑問点についての各校の取組み事例について、活発な意見が交わされていました。参加者の方からは「他校の具体的な活動内容を知ることができる貴重な機会だった」といった声をいただきました。

令和元年6月8日(土) 定例会長会(スマイル中野)

犬塚連合会長の挨拶に続き、校長会より熊谷校長先生(第四中学校)に各校の近況についてご報告いただきました。 

今回の重要な議題のひとつが「教育環境および施設・設備の改善要望書」(以下「要望書」という。)についてです。要望書は中 P 連のスローガンである「一校の問題は中野区立中学校の問題として共に考え学び行動する」のもと、各校個別・全校統一の要望を取りまとめ、毎年行政に提出しているものです。今回は全体構成や要望内容の確認に加え、役割分担や今後の進め方について議論しました。要望書の内容については、今月下旬に予定されている「校長会との懇談会」においても議題する予定としております。 

その他にも、「熱中症対策における緊急要望」についての審議・承認や、7月6日(土)開催予定の「中野地区合同進路相談会」について当日の大まかな流れを確認した他、各委員会の活動報告や事務局からの事務連絡などを行いました。

令和元年5月12日(日) 第1回広報委員研修会(なかのZERO西館)

各校の広報委員の皆さんにご参加頂き、今年度第1回目の広報委員研修会が行われました。講師には昨年度に続き、元公立中学校校長であり元全国新聞教育研究協議会会長の岡野実先生をお招きしました。

広報誌作りに直ぐに役立つちょっとしたコツなどを毎回とても分かりやすくご説明頂いております。その実践的な講演はとても好評で、今回も参加者から「早速広報誌作りに活かしていきたい」との声が数多く聞かれました。

令和元年5月10日(金) 平成31年度中野区立中学校PTA連合会総会(中野区産業振興センター)

行政関係、区議会関係、各校校長・副校長・PTA役員、小P連など多くの皆様にご参加頂き、平成31年度総会が開催されました。平成30年度の事業報告、決算報告、監査報告に続き、平成31年度の役員案、活動方針案、予算案等の審議に進み、全ての議題が承認されました。
                                            
【平成31年度会長会役員・相談役・顧問・事務局】

連合会長   犬塚 重暁 (南中野中学校会長)

副会長    能登 祐克 (緑野中学校会長)
副会長    髙橋 万里子(中野中学校会長)
副会長    田代 雅規 (中野東中学校長)(校長会)

会計     小野 圭子 (第五中学校会長)
会計     成嶋 伸浩 (第八中学校会長)

会計監査   斎藤 順子 (中野中学校前会長)
会計監査   関 年隆  (北中野中学校長)(校長会)

相談役    廣瀬 千史 (緑野中学校元会長)

顧問     中尾 行夫 (緑野中野校前会長)
顧問     照屋 宏  (南中野中学校前会長)

事務局    飯沼 直之 (第八中学校元会長)
事務局    小野 未央 (北中野中学校前会長)

平成31年度総会 旧連合会長 総会挨拶

本日はご多用の中P連総会に、酒井区長、入野教育長はじめ多数のご来賓の皆様にご出席頂き感謝申し上げます。また、校長先生、副校長先生、各校PTA役員の皆様にもお集まり頂きありがとうございます。

さてまず30年度は、中野東中学校開校、緑野中学校10周年と中野区立中学校にとって大きなトピックがございました。中P連でも、大きなトピックのひとつに、長年中P連で要望をあげていたいくつかが、改善や実現の具体的プランが上がるなど、前進の兆しが見えてきました。子育て先進区を掲げる区長のもと、教育委員会の皆さまが私たちの声を受け止めてくださったと感謝すると共に、目指すところ要望などあがりようのない、「通わせたい、通わせてよかった」と思える学校の姿を共有できていると感じています。

持続可能なPTA活動を目指すとして、中P連一丸となり取り組んでまいりましたが、まだ道半ばであります。「PTAが本来あるべき姿を忘れることなく、地域とつながりながら、学校づくりのサポートをしていきたい」という昭和から平成と引き継いだ中P連の意志を、令和時代の新しい中P連にも引き継いで参りたいと思います。

PTAに吹く風は昨今厳しいものがありますが、全ての関係者の皆様と共に活動させて頂いたことに感謝申し上げ、挨拶とさせていただきます。

平成31年度総会 新連合会長 総会挨拶

南中野中学校PTA会長の犬塚です。以前にも少しPTAを関わらせていただいたので、顔を覚えてくれている方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは自己紹介をさせていただきます。

生まれは新宿で高校3年生まで住んでいました。大学は、スポーツ、とりわけ昨年5月以来アメフトで有名になった、その加害者側の方の出身です。OBとしてこれは不名誉なことなので残念です。同居している家族は、父1人、母1人、妻1人、息子3人(長男:大学3年、次男:高校3年、三男:中学2年)になります。息子は3人とも南中でお世話になって参りました。ありがとうございました。

さて、今年度、連合会長をお引き受けするにあたり、初心に返って色々と思い出しました。平成26年度に初めてPTA会長をやれと前任者から声を掛けられ、「何で私がやらなくちゃいけないの?」とか「私はサラリーマンだから無理だ」とか、兎に角できない理由を山ほど考えていました。そんな時に前任者からこう言われました。「家庭がいちばん大事。その次が仕事、PTAはその次でいいんだよ」と。この言葉に騙されてしまいました。実際どうだったかということはここでは言いませんが、少しくらいの無理はしたかな。

今年度、中P連の執行部を運営していくにおいても、各PTA会長をはじめ、保護者の方には、同じことをお伝えしていきたいと思っています。PTAとは何よりも「子どものため」に、「できる範囲のことをやる」のだと思います。「働き方改革」が施行され、学校にもその影響は及んで来ることと思います。本質を見失わないよう、上手いことやっていきたいと思います。

先生方、各校PTAのみなさん、教育委員会のみなさん、教育長、そして区長、ご協力のほどどうぞよろしくお願いいたします。

令和元年5月8日(水) 定例会長会(桃園区民活動センター)

今年度第2回目の会長会となりますが、今回は新旧会長が参加する最後の会長会となります。小野前連合会長(平成30年度連合会長)の挨拶に続き、校長会より関校長先生(北中野中学校)に生徒達の近況などについてご報告頂きました。

今回は2日後に迫った総会(平成31年度)に向け、出席者全員で議案書(案)や議事進行等について最終確認を行いました。また会の終わりには、今回が最後となる旧会長や顧問、事務局の方々から一言ずつご挨拶頂きました。長年にわたりPTA活動にご尽力頂きましてありがとうございました。この場を借りて改めて感謝申し上げます。

平成31年4月17日(水) 副会長会(桃園区民活動センター)

各校の副会長23名にお集まり頂き、副会長会を開催しました。副会長は PTA 活動における実務の多くを担っていることと思いますが、今回の副会長会には、初めて役員になられた方から役員を長く経験されているベテランの方まで、幅広いメンバーにご参加頂きました。

前半は中 P連事務局からの各種事務連絡やセゾン保険サービスからの PTA総合補償制度プランの説明などを中心に行いました。後半には情報交換会が行われましたが、各校で抱える悩みや活動事例などについて活発な意見交換が行われました。参加者の方々からは「他校の様子を聞くことができてとても参考になった。」との声を多く頂きました。今後とも参加者にとって有意義な会となるよう努めて参ります。