管理人Blog」カテゴリーアーカイブ

管理人の呟きです。

令和4年10月~11月 中野区教育関係者との懇親会        於 中野区役所

改善要望書の提出後、計3回2か月に渡り中野区の教育行政関係者との懇談会が開催されました。

令和4年10月6日(木) 区長・教育長との懇談会 於中野区役所

酒井中野区長、入野教育長と、終始和やかな雰囲気で懇談を行いました。各校PTA会長からは、改善要望書の中野区立中学校の思いと各校の思いを直接、そして熱く発言させていただきました。

酒井中野区長「子育て先進区を目指している中野区なので引き続き現場の声を届けていただいて教育現場の改善を図りたい。」

入野教育長「部署をまたいで検討する事案もあり、重ねて協議検討を図って改善を行っていきたい。」とのお言葉をいただきました。

令和4年10月31日(月) 教育委員会事務局幹部との懇談会 於中野区役所

中野区の教育行政を検討し実務に携わる教育委員会事務局幹部との懇談会を行いました。

濱口教育委員会事務局次長をはじめ、担当者が出席しました。

各校PTA会長から鋭い意見や要望を発言させていただき、事務局幹部からも要望書項目の幾つかについて、現場に足を運び現状確認を行った旨をお話しいただきました。

令和4年11月11日(金)中野区教育委員との懇談会 於中野区役所

教育委員の皆さまと懇談会を行いました。

本年度、中P連で行った改善要望書、合同進路相談会、全体研修会について報告しました。

特に合同進路相談会は2年の未実施を経て取り組んだこと、参加者に好評であったことを高く評価していただきました。

また、改善要望書の文章が現場の生の声であり、とても内容が伝わってきたとの感想をいただきました。

各PTA会長とのフリーディスカッションにおいては、

  • 不登校生徒と担当する先生について
  • 先生方にICTや発達障害に関する新しい知見を再教育する機会について
  • 働き方改革が生徒及び先生方に及ぼす影響について
  • 中野区中学校の2期制について

など、多岐にわたって意見交換を行いました。

中野区の教育行政の関係者の皆さま、ご多用の中、本連合会との懇談会に時間を割いていただきありがとうございました。引き続き中野区の子どもたちのために、ご尽力くださいますよう切にお願いいたします。

また、改善要望書は「なくてはならない必要な事柄」のみを掲げておりますので、一日も早く改善が実施されるように引き続き働きかけを行っていきます。

令和4年10月8日(土) 定例会長会 於 新井区民活動センター

上期に集中したイベントも一段落し、令和4年度も下期に入りました。

今回は、上期にできなかった現役会長の意見交換会を前半に大きくとり、後半は事務局、相談役、顧問を含む通常の会長会を行う2部構成で行われました。

  • 連合会長あいさつ
  • 校長会あいさつ及び意見交換 中野中学校 田代校長
  • 中野区行政説明(中野区ユニバーサルデザイン推進計画改定のための審議会員の推薦について)
  • 区長・教育長との懇談会 感想・振り返り
  • 各WT・WGからの報告等
  • 対外活動委員会関連報告
  • 各校からの報告
  • その他
  • 事務局から

今回、校長会からは、中野中学校田代校長先生にお越しいただきました。

お休みの土曜日にもかかわらず、足をお運びくださいました。

田代校長先生からは、ご挨拶に続き、9月27日(火)に開催された連合陸上競技大会についてのご報告及び11月3日(祝)に開催予定の連合文化発表会についての説明をいただきました。

子どもたちがいろいろな経験ができるように、今後も中P連としてできるだけ協力をしていきます。

引き続き、行政説明として「中野区ユニバーサルデザイン推進計画改定のための審議会員の推薦」について、中野区企画部企画課平和人権男女平等参画係長の今井様よりご説明がありました。ユニバーサルデザインについて意見のできる場として参加の要請があり、大変ありがたい機会ですので、代表を選考し、参画を決定いたしました。

また、各WT・WGからの報告があり、大変忙しくも充実したイベントとなった研修会及び合同進路相談会についての報告と、次年度に向けた話し合いがありました。

特に次年度開催日及びキリンレモンスポーツセンターを予定している開催会場について様々意見交換がされ、次年度も子どもたちのためになる素晴らしいイベントとすべく、継続審議していくこととなりました。

次回会長会は、11月12日(土)に中野東中にて開催いたします。

令和4年9月10日(土) 定例会長会 於 南中野中学校

9月の定例会長は中野第二中学校での開催を予定しておりましたが、諸般の事情により、南中野中学校に変更しての開催となりました。

冒頭、竹之内校長先生から、9月27日の駒沢陸上競技場において開催予定の総体連合陸上競技大会について、詳細なお話をいただきました。

中P連では夏休み前の7月までに多くのイベント等を行いました。9月の会長会は振り返りの会となり、下記の件についてそれぞれ総括等を行いました。

  1. 合同進路相談会
  2. 改善要望書
  3. 中P連だより
  4. 各種研修会
  5. スポーツ大会
  6. ホームページ

それぞれの反省を、今後や次年度の運営に生かしていきます。

また、11月5日に予定している中野中学校開校10周年記念式典について、中野中会長から説明がありました。

次回会長会は、新井区民活動センターにて開催予定です。

令和4年6月24日(金) 校長会との懇談会 於中野中学校

令和4年6月24日(金) 校長会との懇談会 於中野中学校

6/24(金)、校長会との懇談会を中野中学校にて開催いたしました。

5月の中P連総会以来の一堂に会する場となりましたため、改めて各中学校校長及び各PTA会長の自己紹介を行い、和やかな雰囲気で会は進行いたしました。

はじめに改善要望書について意見交換を行いました。①令和4年度改善要望書について現状報告、②意見交換、特に前年度から引き続き要望書に記載している「ICTについて」、「施設整備について」、「災害・生徒への安全対策について」の意見交換をいたしました。

ICTについては「教員用タブレット端末について」「インターネット環境(Wi-Fi)について」「電子黒板の設置」、施設整備については「給食設備の更新継続や人員増加」、災害対策については「全校へのヘルメット配備」などについて意見が交わされました。今回の懇談会で話し合った内容は、各種検討の上、要望書にできる限り反映していく旨をお伝えしました。

また、8月に「令和4年度 教育環境および施設・設備改善要望書」を区へ提出予定であることを報告いたしました。

次に、7月9日(土)に開催される『合同進路相談会』について、現状報告と校長会への依頼事項を伝え、質疑応答を行いました。

開催校である中野中学校の田代校長に改めてご協力をお願いし、中P連及び校長会が一丸となって合同進路相談会を成功させる決意を固めました。

短時間ではありましたが、3年ぶりの対面での開催で、校長会と中P連との連携を再確認できた有意義な会となりました。

令和4年6月19日(日) 役員・委員研修会 於新井区民活動センター

6/19(日)、役員・委員研修会を新井区民活動センターにて開催しました。

各校PTAの書記(総務・庶務)、推薦(選出・選管)委員を担当される方と共に『他校にお勧めできること、他校に聞きたいこと』についてグループディスカッションを行いました。本年度初めてPTA役員を務める方にとっては、他校の取り組み方について興味が尽きず、時間が足りなくなるほどの意見が交わされました。

「他校の話が聞けて良かった、参考になった」という意見を多数いただいた一方で、「時間が短かった」「事前に内容についてのアンケートを取ってもよかったのでは」など、次回以降に生かすべき貴重なご意見もいただきました。

研修会と同時並行で7月9日(土)に開催される『合同進路相談会』について協力員の皆様に実施要綱の説明会を行いました。

合同進路相談会を成功するために疑問点などを確認し合いながら、短い時間でしたが説明させていただきました。セミナー教室担当者の人数について、建設的なご意見もいただきましたので、当日の運営体制に反映していくことになりました。

令和4年5月20日(金)令和4年度総会 於中野区産業振興センター

令和4年5月20日(金)中野区産業振興センター3階会議室において中野区立中学校PTA連合会令和4年度総会を開催いたしました。

 本総会は3年ぶりに対面形式で執り行われ、中野区教育長 入野貴美子様、教育委員会事務局次長 青山敬一郎様、教育委員会事務局課長 濱口求様、中野区立小学校PTA連合会会長 大橋正明様にご臨席を賜りました。また、各校校長先生および各校PTA副会長の皆さまにもご出席いただきました。

 令和3年度連合副会長の第五中学校・矢木前PTA会長による開会の辞に続き、令和3年度連合会長の緑野中学校・能登前PTA会長より開催の挨拶がありました。

 挨拶後、中P連60周年を記念して製作した横断幕の授与式を行い、令和3年度校長会会長で中P連連合副会長をお務めいただきました南中野中学校・竹之内校長先生へ贈呈いたしました。

 贈呈後、竹之内校長先生よりご挨拶をいただきました。

 続きまして、入野貴美子教育長より「これからも中P連と連携して子供たちの学びを充実させていきたい。」と力強いお言葉をいただきました。

 次に、竹之内校長先生と第七中学校・奥澤前PTA会長に議長をお願いし、議事進行に当たっていただきました。

 令和3年度執行部から事業報告を令和3年度連合副会長の南中野中学校・望月前PTA会長より、決算報告を会計の第二中学校・瀧本前PTA会長より、そして会計監査報告を会計監査の中野東中学校・富永前PTA会長よりそれぞれ報告し、質疑応答を経て、拍手をもって全会一致でご承認をいただきました。

 能登前連合会長より令和4年度役員の紹介がありました。

連合会長  伊藤良実さん(明和中学校PTA会長)

連合副会長 鈴木辰也さん(中野東中学校PTA会長)

連合副会長 後藤さえさん(緑野中学校PTA会長)

連合副会長 熊谷恵子校長先生(明和中学校・校長会会長)

会計    渡部大樹さん(第二中学校PTA会長)

会計    矢田貝泰之さん(第五中学校PTA会長)

会計監査  福原由紀恵さん(北中野中学校前父母と教師の会会長)

上記を報告し、拍手をもって承認されました。

 伊藤連合会長から就任の挨拶の後、今年度のワーキングチームリーダーとワーキンググループの紹介をしました。

改善要望書ワーキングチームリーダー 日野崇さん(南中野中学校PTA会長)

合同進路相談会ワーキングチームリーダー マッケンジー臣恵さん(北中野中学校父母と教師の会会長)

中P連だよりワーキングチームリーダー 大橋正明さん(第七中学校PTA会長)

※各ワーキングチームは全ての会長により構成されています。

各種研修会ワーキンググループ  矢田貝泰之さん(第五中学校PTA会長)

                日野崇さん(南中野中学校PTA会長)

スポーツ大会ワーキンググループ 渡部大樹さん(第二中学校PTA会長)

                マッケンジー臣恵さん(北中野中学校父母と教師の会会長)

ホームページワーキンググループ 大橋正明さん(第七中学校PTA会長)

                石橋寿一さん(中野中学校PTA会長)

 続いて、令和4年度校長会会長の明和中学校・熊谷恵子校長先生よりご挨拶をいただきました。

 次に、令和4年度の活動方針(案)を伊藤連合会長より、令和4年度予算(案)を会計の矢田貝会長よりそれぞれ発表し、拍手をもって承認されました。

 以上をもちまして議事は全て終了し、竹之内校長先生と奥澤前会長は議長の任を解かれました。

 また、本年をもって中P連をご卒業なさる事務局、顧問、相談役の方々に、これまでの感謝の気持ちを賞状にしたため、能登前連合会長から想いのこもった朗読の後、授与されました。

 長い間本当にありがとうございました。

 退任された皆様の想いを引き継ぎながら、新体制のもと中野中P連のなお一層の発展と子どもたちの笑顔のため、会長一同力を合わせていきます。

令和4年6月11日(土) 定例会長会 於第七中学校

今回の会長会は、第七中学校にて開催いたしました。

近くには哲学堂公園や江古田の森公園があります。

定期テストを来週に控えているため各部活動はお休みをしており、静かな校内で上村校長・関山副校長と一緒に学校施設を見学しました。

校庭には【要望書】令和2年各校要望事項の「照明設備設置」を確認し改善されたことを確認しました。

舞台に両袖の壁がなく、体育倉庫も不足しているところがお悩みのようです。

趣のある和室は二間あり、素敵な欄間が飾られ、床の間や茶道の道具が置かれていました。

式典などの際は来賓控室としても使用されるそうです。

教育相談室の目隠しが素敵なステンドグラスで彩られていました。

運動会の際、屋上を開放して観覧できるようにしたそうですが、昔の避難設備基礎の劣化(写真右)、古くなり閉まらなくなったフェンス扉(写真左)があり、改善したいとおっしゃっていました。

古い校舎ならではですが、理科室は机が足りず、学習机を追加して並べて対応し、技術室も一クラスが入ると部屋が狭く棚が置けないことから、床に道具等が置かれていました。

校内視察後に図書室にて第3回目の会長会を開催いたしました。

本年度より着任された上村校長から、古い校舎ではあるが生徒たちは物を大事にし、挨拶も清々しく、誇らしいとご紹介をいただきました。また、特別支援学級E組の取り組みについての説明もありました。給食を共にする等、生徒同士の交流も積極的に行いたいが、コロナ禍であるために難しいとのことでした。しかし、先日行われた運動会では、E組の生徒も一緒に助け合いながら競技をしている姿に、教員一同が感動されたそうです。また現在の1年生が2年生に進級する際に、あと2名増えないと、現行の4クラスから3クラスになってしまうとのご説明をいただき、各会長からの意見交換も活発に行われました。

続いて、各ワーキングチーム(WТ)とワーキンググループ(WG)からは下記のような報告がありました。

・改善要望WТ:各校要望書、優先要望及び教育環境についての提出状況と作成状況

・合同進路相談会WТ:現在までの状況と今後のスケジュール確認

・中P連だよりWТ:1回目の素案スケジュール確認

・各種研修会WТ:6月19日(日)役員・委員研修会の研修内容確認と分担決め

 7月9日(土)午前中開催全体研修会内容について周知と分担決め

・スポーツ大会WG:キャプテン会議の出欠有無未報告校への周知徹底、キャプテン会議の議題確認

・ホームページWG:今月中にホームページサイトの更新手続き実施について

改善要望書については、今後の作業内容を確認し、次回会長会で質疑応答、確認できるようスケジュールを組みました。この後、統一要望を決定し、中野区教育委員会へ提出していく動きとなります。

また、本年度最も意を注ぐ「合同進路相談会」については、意見交換や確認に時間をかけました。参加高校の決定、参加定員数・二部入替制として生徒を参加させること、同日同場所午前中に開催している「全体研修会」との兼ね合い、開催お知らせの配付方法、申し込み方法の確認など、様々な問題と課題に取り組みました。開催までの少ない時間で生徒たちのために還元できる会にしていこうとする意欲で、予定時間を超えての議論を交わしました。

その後は駆け足で事務局から中P連分担金の全校納入確認報告、PTA保険申し込み報告がありました。

改善要望書の修正、合同進路相談会や付随する研修会など、共同の業務に加えて、日常の各校行事や業務・周年行事への取り組み等、繁忙状況が続きますが、全力で取り組んでまいります。

次回は南中野中学校にて開催を予定しております。

令和4年5月14日(土) 定例会長会 於明和中学校

今回の会長会は、明和中学校にて開催いたしました。。

会長会に先立ってグラウンド、体育館、中庭などの校内施設を熊谷校長にご案内いただきました。明和中学校へは昨年度の3月にも会長会を行いましたが、新会長も交えて新たな気持ちおよび視点で、校内視察をいたしました。

中野区内で唯一の橋を渡って行くグラウンド。学校敷地内には妙正寺川が流れています。不審者が侵入しやすいなど安全面での懸念がかねてより指摘されていましたが、引き続き、防犯カメラやライトの設置を区に要望しているそうです。

中庭は主事さんとⅠ組(特別支援学級)の生徒が中心になり、四季折々の草花を整備されているとの説明をいただきました。

玄関には昨年開校してから1年間の校内写真が飾られていました。これから統合新校の歴史が紡がれていく中で、日々少しずつ増やしていきたいとのことでした。

全生徒の椅子の下には防災ヘルメットが完備されています。中野区として防災ヘルメットの配置を行っているわけではなく、学校独自の校割予算で購入しており、明和中学校周辺は木造家屋の多い地域でもあることと考え併せて、防災意識の高さがうかがえました。

同時に、中野区立中学校全校で同じような対応ができないのか、という課題も浮き彫りになりました。

校内掲示の一つで生徒が作成したそうです。学校の雰囲気の良さが伝わる素敵なフレーズで、とても心温まりました。

校内視察後に今年度2回目の会長会を開催いたしました。

熊谷校長から明和中学校校章のいわれ、人権尊重教育推進校に選ばれていること、I組への取り組み、中学校統合による生徒数増で理科室・家庭科室などの特別教室を一部普通教室に改修していること、などのご説明をいただきました。また、各会長からの意見交換も活発に行われました。

続いて、中野区子ども・教育政策課 学校再編・地域連携係の濱口様より「コミュニティスクール」についてご説明をいただきました。国による「(仮称)学校運営協議会」と中野区による「(仮称)地域学校協働本部」を同時に設置し進めていきたいとの説明に対し、各会長からは、既に取り組んでいる活動などと重複しないか、地域コーディネーターを担う人材選定はどうするのかなどの意見が出ました。

また、5月20日(金)開催予定の「中野区立中学校PTA連合会総会(中P連総会)」に向けて「総会議案書」、「総会進行」などの確認作業を行いました。新執行部最初の大きな会合となるため、全員で綿密に行いました。

続いて、各ワーキングチーム(WT)とワーキンググループ(WG)からは下記のような報告と情報交換が行われました。

・改善要望書WT:要望書の役割分担、提出スケジュール確認。

・合同進路相談会WT:今年度は中野中学校で7月9日(土)午後に実施。準備等確認。

・中P連だよりWT:年間発行スケジュール確認。

・各種研修会WT:6月19日(日)に役員・委員研修会、7月9日(土)午前中に全体研修会を開催予定。

・スポーツ大会WG:スポーツ大会開催について、キャプテン会議についての確認。

・ホームページWG:引継ぎ内容の確認。

中P連総会、合同進路相談会を成功させるための準備についての確認および喫緊の課題である改善要望書の6月素案提出に向けて、短時間ではありましたが意見交換を行いました。

その他、事務局より副会長会・会計会実施状況について、PTA保険料、中P連分担金の徴収日について、報告がありました。

改善要望書提出や合同進路相談会、そして各校の総会などの行事・業務が重なって繁忙状況となりますが、各校PTA会長、事務局、相談役、顧問一同、全力で取り組んでまいりますので、どうぞ1年間、よろしくお願いいたします!

次回は第七中学校にて開催を予定しております。

令和4年4月7日(木)入学式&令和4年4月16日(土)定例会長会 於 新井区民活動センター

中野区の区立中学校は4月7日に入学式を迎えました。まだ余韻の残る桜の祝福を受けながら、各校とも初々しい新一年生を今年度も無事に迎えることができました。

式典は引き続きコロナ禍であることを考慮し縮小はされつつも、ここ2年に比べると、幾分コロナ禍前に近づいたものとなりました。凛とした姿で入場する新1年生は、緊張しながらもとても大人びて見えました。


4月16日(土)に新井区民活動センターに於いて、令和4年度第1回目となる定例会長会を開催いたしました。

今回も各校の新旧会長、事務局及び顧問・相談役など20名超のメンバーとなりましたので、基本的な感染症対策はもちろんですが、天候にも恵まれていたので終始窓を全開にして換気を行い、万全の体制の中対面で行いました。

まず初めに、中野区教育委員会事務局の子ども・教育政策課の濱口求課長より、令和4年度の教育予算についてご説明をいただきました。ICT(情報通信技術)に係わる費用などに予算を増額していただいていることから、中P連が働きかけてきた改善要望の内容が一定程度受け入れていただけたものと捉えております。

続いて、今年度から区に新設された「中野区子どもの権利委員会」に関して区の担当者から概要説明があり、評議委員に中P連からの参加を打診されました。連合会としてどこまで意見を述べることができるかについて未知数なところもありましたが、「子どもたちのために何かできることがあるのではないか?」というPTA活動の本質にも関わる委員会であるとの意見もあり、現段階では参加する方向で検討しております。

今回の会長会にて令和4年度新執行部の陣容が固まりましたので、その他の検討中であった役割分担を決めました。

新執行部が内定したことで、5月の中P連総会に向けた開催準備が本格化していくことになります。

前回欠席だった新会長が今回は出席できたことから、改めて全員で自己紹介を行い、和やかな雰囲気の中での会長会となり、良いスタートを切ることができました。

中P連は、かつては14校の会長で活動しておりましたが、学校統合により現在は全9校の会長で活動しています。マンパワー不足をどう補い、かつ担い手をどう増やすのかなど課題が大きく、また各ご家庭では共稼ぎ世帯が普通になりつつあり、加えて親の介護などかつてとは状況に変化がありますので、各校でのPTA活動の負担軽減も課題となっております。

今後はその活動が本当に子どもたちのために必要なものなのかどうかを再検討し、PTA以外から要請される会への参加などを見直していく必要性がありますので、会長経験者である顧問・相談役・事務局の方や校長会からのアドバイスなどもふまえて、今後の継続の可否については議論を継続していきます。

定例会長会の後に副会長会・会計会を開催いたしました。

中P連からは下記のように説明とお願いをさせていただきました。

  • 公立・私立の高校の担当者を一同に招く『合同進路相談会』を例年開催しており、今年度は対面での開催を予定。開催に向けて各校のPTA役員の皆さまに協力を要請。
  • 役員向け研修会の開催予定。
  • 会長だけでなく副会長をはじめとした各校役員の方にも中P連の活動に理解を深めて頂きたい。PTAに関わる人たちの負担感を軽減し、円滑な活動をサポートできるよう取り組んでいきたい。
  • PTA保険の内容について、取りまとめの中心となる会計担当者の皆さんに、ぜひ理解を深めていただきたい。

春先は、各校PTAでも引き継ぎや新体制での打ち合わせ、総会準備などの業務が重なり多忙ではありますが、中P連一同力を合わせて乗り切っていきたいと思います。

次回は創立1周年の明和中学校にお邪魔いたします。

令和4年3月18日(金)卒業式&3月20日(日)新旧会長引継研修会 於 産業振興センター

3月18日(金)、区内の中学校は卒業式を迎えました。新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置の適用期間ということもあり、昨年同様に会の規模は縮小傾向ではありましたが、無事開催できて安堵したという声が先生や保護者から多く聞かれました。

在学中のおよそ2年間を新型コロナに翻弄されながらも、知恵と工夫で対策をとり、皆の力で乗り越えて実施された行事等の想い出を胸に、卒業生たちはそれぞれの夢に向かって歩みだしました。子ども達の未来が光輝くものであるよう、心から願っております。

20日(日)は中P連の新旧会長が揃って引き継ぎを行う「新旧会長引継研修会」を産業振興センターで開催いたしました。

各校の新旧会長、顧問、相談役、事務局の総勢22名が参加し、連合会長からの挨拶に続き、互いの自己紹介をいたしました。

その後、各ワーキングチーム(WT)、ワーキンググループ(WG)の今年度の活動報告がなされました。昨年度に引き続き新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点からさまざまな活動の自粛や中止が相次ぎ、本来の活動がままならない一年となりましたが、常に子ども達のことを一番に考えながら精一杯取り組んできた数々の成果、そして今後の課題についての共有など、次年度会長への引き継ぎが行われました。

特に「合同進路相談会WT」の活動については、対面式ではなく、オンラインでの実施に至った経緯、高校参加状況、視聴生徒数の報告がありました。来年度は再び対面で実施できる状況であることを祈りながら、今後も歩みを止めることなく、相談会を続けていこうと新旧会長会一同で思いを新たにいたしました。

昼休憩を挟み、各担当会長から対外活動の報告、引き継ぎが行われました。幾つかの対外委員会については、参加する意義が改めて話し合われたのち、新会長が担当する各WT、WG、そして対外委員会の割り振りが行われました。

限られた時間の中での説明となり、新会長に一度で伝え切るのは難しいのですが、現会長にも引き継ぎが完了する5月の会長会までの間に、しっかりと新会長をサポートしてもらい、スムーズに新体制へと移行していきたいと思います。

最後に、連合会長から中P連に代々伝わるPTA会長としての心得についての話があり、そして相談役と顧問の方々から新会長に向けての話がありました。

新会長の皆さんにとっては、大変な1日だったと思いますが、中野区の子ども達のために中P連として一致団結して活動していくため、今後も互いに協力しながら活動していきたいと思います。